築地市場が83年の歴史に幕を閉じたことについて

10月6日の正午をもって83年間続いた築地市場がその役目を終えました。
今後、新しく建設された豊洲市場に移転します。
その豊洲市場では、色々な問題が次から次へと噴出してきました。
豊洲市場の建物の下は盛土のはずなのに、地下空間があったり、
その地下空間に溜まった水を検査すると汚染されていたりと、
ここに至るまでに山あり谷ありでした。
最近では地盤沈下の問題も出てきているようです。
この豊洲市場の土地は、東京ガスの工場跡地で、土壌汚染された土地でした。
生鮮食品を扱う市場には不向きとされていたのを何故か市場の移転先になったようです。
なので地下水が汚染されているのは当たり前です。
その土壌汚染対策で盛土をするはずだったのが、
何故か地下空間が存在しているといった不思議ことになっているのです。
テレビで当時、知事だった石原さんや東京都の役人たちの話している内容を聞いても、
結局、責任の押し付け合いをするだけでした。
原因は分からず、曖昧なまま終わったような気がします。
ひょっとすると、公にはできない事柄があったので、
元知事と役人たちが口裏を合わせて、演技じみた論戦をしたのかも知れません。
豊洲市場が始動し始めてからも、また新しい問題が出てくるような気がします。http://www.fndg.co/aiful/aiful-sokujitsu.html