今年はやたらと雨が激しい降り方をする夏だったような気がする

ここ数年、梅雨と言ってもそれほどたくさん雨が降ったような記憶がありませんでした。
梅雨の間に雨が少ないと、後々、夏の水不足の原因となったりすることもあります。
でも、そこまで深刻な水不足になった記憶もないんですよね。
梅雨の間に足りていなかった降雨量というのは、ゲリラ豪雨や台風によって補われていたのかもしれないなと思ったりしてしまいます。
でも、一転して今年の梅雨や夏というのは、本当によく雨が降るなという印象がありました。
それほど雨の日が多いという印象はないのですが、一度の雨でどっさりと降るようなことが多かった気がします。
年々、気候がドラスティックになっているような感じもしてたりしますが、それにしてもメリハリがありすぎてびっくりしてしまいます。
水不足になる懸念がないというのは結構なことです、おかげで豪雨による災害も発生しています。
「ちょうどいい夏」というのは、もはや存在しないものなんでしょうかね。キレイモ 自己処理